読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

起業の歩み

self branding 経営ブログ

最近、自分の人生に影響しまくってること

2017-01-25

よく成功者と
そうでない人を並べて

あれが違う
ここが違うと
比較したりしてますが

成功者の過去の
エピソードを拝見すると

その内容のほとんどは
壮絶な挫折や失敗ばかり

ということは

挫折や失敗までは
みんな同じであって

「何かの差」なんて
実はいうほどない。

その時点では
どちらも

「アホだな」とか
「バカなヤツ」とか

笑われてたり
してるんですよね。

となると

やっぱり
続けたかどうか?

この差が大きくて

能力云々なんて
「続けた人」と「やめた人」

結果的に見るんだから
能力なんて違って当たり前!

なんですよね。

別を考えても

失恋した後

「もう恋愛なんてしない」

と挫折から
恋愛を遠ざける人もいれば

「絶対に良い人みつけて
見返してやる!」と

より積極的に
人間力や女子力を
磨く人もいる。

前者は恋愛をしないので
結果が出ることはない。

でも

後者は「続けている」ので
経験値は増え
ヒットを打つ可能性は
高くなる。

そして

ヒットを打ったときに
両者を比べて
「能力が違う!」と
言われても

それは当たり前。

ただ

そうやって
誰かがヒットを
打ったとき
後悔するのって

本当は恋愛したかったのに
「もうコリゴリ」と
自ら恋愛を遠ざけた結果
恋愛に自信がなくなった人

のように思います。

そしてそれは

「失敗したこと」に
対してではなく

「あきらめたこと」

つまり後悔は

「結果」ではなく
「行動」に対してなんだと

あらためて感じます。



まずは最初に
「生き方」を決める!


なるべく後悔しない
生き方を考える上で

以前、家入一真さんが
こんなことを述べていました。

「働き方より生き方を選ぶべき」

つまり

起業か
会社員か

これを先に
考えるんじゃなくて

自分は
「こういう生き方をしたい」
「人生で〇〇を実現させたい」

それを成し遂げるために
「起業する」 だったり
「〇〇へ就職する」

そう考えた方が
いいんじゃない?

というコトです。

この言葉を聞いたとき

生き方を考えないまま
選択肢に悩むと

どうしても
1つ1つの判断が

「人生」や
「生き方」という
1本の線で繋がらず

「損得勘定」や
「しがらみ」による
判断になってしまう

損得勘定やしがらみによって
判断した無数の点の集合体が
自分の人生?

みたいになってしまうと

糸の切れた凧のように
どこへ向かい
どこへ行き着くのか
サッパリ分からなくなる

先が見えず自分で
コントロールできないから
何を頑張ればいいのか
当然、分からなくなる

結果、常に不安。

そう感じました。

なので僕自身
選択肢を考える前に

自分はどういう
生き方をしたいのか?

人生を通して
何を成し遂げたいのか?

そのためには
どうあるべきなのか?

これを常に
意識した上で
選択を考えられるように
変わることができました。

「損得勘定」や
「しがらみ」を振り払うって
口で言うほど
簡単じゃないし

時として

理解されないとか
嫌われたとか
批判された
あったりするんですが

それ以上に
「後悔」
少なくなりました。


サービスは
身近な誰かに向けて
手紙を書くように作る!


家入一真さんの考えについて
もう一つ自分の仕事感を
大きく変えた言葉があります。

サービスは
身近な誰かに向けて
手紙を書くように作る

この言葉があって
地元福山で

就職で悩んでいる人や
高齢で働き口がない人
やりたいことで
頑張りたい人へ向けた

起業サポートをはじめる
決意が固まりました。

というのも

周囲の意見は
地元の人も含め
「難しいと思うよ」
というのが
やはり大半で

受け止めれば
受け止めるほど
「慎重に考えたい」と
ためらいも出てきます。

しかし
そのキッカケが

実家で一人暮らしの
65歳になる母親の
労働環境がとてもハードで

肉体的にも精神的にも
正直かなり厳しい

とはいえ

次の職はないし
独り身だし

無理してでも
続けないと・・・

そんな背景から

パート代になることを
母親が
自分で何か
はじめることってできないか?


それが
そもそもでした。

加えてこれは

自分しか考えないこと

それまで大阪で
比較的 若い人を対象に
ITスキルを用いた
フリーランスサポートに
取り組んでいましたが

これは

自分でなくても
他の人がやっていること。

しかし

地元福山で
母親のそれは
自分でなければ
誰もやろうとしないこと。

それを一言で
まとめた言葉が

サービスは
身近な誰かに向けて
手紙を書くように作る!

だったわけです。

まあ最悪
事業として
上手く行かなくても

少なくとも
母親は助かるんだし。

誰かひとりでも
喜んでくれるなら
もうそれでいいや。

見る角度が違えば
なんとも無責任な
考えではありますが

そう思って
しまったわけです。

とはいえ
母親本人にすれば

大阪に17年も住み
事業も家も大阪に
あるんだから
「理解できない!」

キレイごとでは
済まされない意見も
それはそれは
ご想像の通り
多数いただきました。

それでも

家族が大賛成で
「引っ越してもいい」
とさえ言ってくれたこと

仕事仲間も
「自分の問題でもあるな」と
応援してくれたことで

新たな挑戦へと
進むことができています。

ただ

人を巻き込む以上
その「責任」
必ずあるわけで

あらためて

「自由」と「責任」は
セットで考えなくては
単なる「わがまま」になる

これを強く感じています。


土俵さえ間違えなければ
誰でも一流になれる
チャンスはある!


これは「今でしょ!」の
林 修 先生の言葉です。

簡単に要約すると

一流になれない人は

「あなたはそこでは絶対に
一流になれないですよ」

という土俵で
必死に戦っているケースが
あまりにも多い。

としながら

誰でも一流になれる
チャンスはあるものの

自分が一流になれる土俵は
その人の中で
ごくわずかしかない。

だからこそ

「ここならいける」と
いうところを
死に物狂いで
探さなければならない!

そう述べられています。

自分自身も
それがどこなのか?

現時点でもそれは
サッパリで

歩きたいところを
歩きたいように歩いて

一流からはどんどん
遠ざかる一方です。

ただ会社員時代に

「ここで事業経営者に
なれないようなら
スパッと辞めて
自分で経営をはじめよう」

そう決めて
辞めた過去があります。

そういう「区切り」と
「見切り」を付けて
それを実行できたこと

事業に取り組む現在に
とても良い経験として
繋がっているように
感じています。

この言葉に習い

自分自身が
一流になれる事業

それがどんなに
小さなことであっても

自分にしかできないことを

死に物狂いで必死に
探し続けようと思います。

自分の「好き」や
「やりたい」よりも

事業を志す者として
自分がもっとも
貢献できることを

必死に探し続けよう!

それが一番
大切なことであるように
感じています。